motegiちゃんねる

 2000年に創業者である父が急逝し、経営を引き継ぐことになり、2005年に社長になりました。お客様をはじめ、多くの皆様に助けていただきながら、ここまで歩んでくることができ、感謝ばかりです。これからも少しでもお客様や社会のお役に立てるよう、頑張ってまいります。

 会社は多くの人が働き、お客様のお困りごとを解決するサービスを提供します。お客様の先にはさらにお客様がいらっしゃいます。

 会社が利益を出すことにより税金を払い、雇用を継続でき、従業員1076957_382515675184173_1110322460_o_layer_copy.png及びご家族が幸せになり、地域経済が潤います。基本的なことですが、とても大切なことだと思います。

 2022年7月には、埼玉県SDGsパートナーの認証取得もかない、街の美化活動や女性の社会進出援助など、できることから取り組んでいます。また、情報は共有出来て宝となるので、地域の出来事も含め、YouTubeちゃんねるやFacebookなどで、発信をしていきたいと思います。今後とも、茂木製作所をよろしくお願いいたします。

  取締役社長 三好 美智子

dorirukaasan2.jpg

dorirukaasan1.jpg

◎2022年9月14日掲載 テーマ:タップ加工

◎四角いコーヒーカップ 〜いろいろあって、みんないい〜

 コーヒーカップは丸いというイメージがありましたが、小鹿野町の須崎旅館さんに宿泊したとき、四角いカップでした。角がすすぎ口のようで飲みやすい。ドリップコーヒーも安定して装着できます。形は用途により、デザインなどにより決まっていくもので、丸くなくても、いろいろあっていいと思いました。
 須崎旅館さんは、おかみさんをはじめ皆さん親切で、アットホームな感じでgooな宿です。秩父武甲山もきれいです。
sikakucup.jpg

◎11月23日は「ねぎらいの日」

 マイタウン深谷市は、11月23日の勤労感謝の日に、大切な人へ労い("ねぎ"らい)の気持ちを込めて「深谷ねぎ」を贈ることで、労いの気持ちを形に表すねぎらいの日という特産のネギにちなんだ日を設定しています。要は、周りのすべての方々に感謝を伝えることが大切な日なのだと思います。
 日々を過ごすことができるのは、すべての方々に支えていただいているおかげだと思います。本当に感謝ばかりです。そして、祝日にもかかわらず、工場を動かしていただいている社員の皆さん、いつもありがとうございます。

negirainohi.jpg

◎11月のとある日のFacebookより

facebook.jpg

◎健康経営

dancebu.jpg

kouhoudance2.JPG

農業チャレンジャーとの連携

 地元で活躍する農業チャレンジャーの新鮮野菜を社員や来社される方にお福分けです。
 次のようなこだわりを持って栽培されているそうです。
①自然由来の肥料だけを使い野菜本来の味がする。
②農薬を使っておらず、アレルギー体質の方にも優しい。
③土壌にも気を使い、収穫までに一般の野菜に比べ1.5倍の時間をかけており、栄養価が高い。
 地元である深谷市、本庄市は農業が盛んで、地場産野菜は本当に美味しい。今後も、健康経営の視点から、食を通じ、社員の健康増進及び地元野菜の周知に取り組んでいきたいと思います。

nougyu1.jpegnougyou2.jpeg

kennkoukeiei1.jpg

kenkoukeiei2.jpg

 今後も、健康経営の視点から、企業として、また社会の一員、SDGsパートナー企業、地域に根差した会社として、出来ることをやっていきます。

◎みヒロが想う未来の車社会 キーワードは、"快適"

 自動車産業はカーボンニュートラルに向け、100年に一度の革命を迎えています。
 電気自動車が話題の中心ですが、水素エンジン車も開発が進んでいます。
 水素エンジン車は水蒸気のみ排出されるので、とてもにエコで、日本が得意とする技術である既存の内燃機関(エンジン)を使えます。
 また、内燃機関独特の走行感もあるので、走り好きにはたまらす、電気自動車と違った市場を形成できる可能性があると思います。

mirainokuruma.jpg

 将来に想いをはせると、2035年以降の自動車は、電気自動車、燃料電池車及び水素エンジン車などがすみわけ・共存していて、単なる移動手段からモバイルネットワークを通じた快適空間になっているでしょう。 
 また、AIやIOTを通じた自動運転、無人運転、渋滞のない運転の実現だけでなく、ハードとソフトが融合した総合エンターテインメント空間でもあり、家とも違った安らぎの場であるでしょう。

 こうした快適な車社会をつくるためにも、微力ながらも貢献できればうれしく思います。 

キーワードは、"快適"
◎AIとモバイルネットワークを通じて自動運転、無人運転、渋滞のない運転
 →IOT、無事故化、ホーム・エネルギー・マネジメントシステム
◎快適な居場所 - 総合エンターテインメント空間・コネクテッド
 →インターネットに常時接続している車やサービス、ハードとソフトの融合
◎シェアリング&共有サービス
 →車の貸し借りや相 乗りなど所有せずに車を使うことの拡大

garigarikun2.jpg

◎赤城乳業さん ガリガリ君

 会社の近くに赤城乳業さんの工場があります。あの国民的アイス「ガリガリ君」が作られています。
    ホームページを拝見すると、「こどもがよろこぶ「夢」いっぱいのアイスを。という赤城乳業の願いから生まれた「ガリガリ君」。
 あのガリガリという食感も、アイスの鮮やかな水色も。ドキドキする当たり付きも。50円という価格設定(当時)も。そして、おなじみの元気なキャラクターも。開発当初から何よりも大切にしてきたこと。それは、「遊び心」でした。」と記載されています。

garigarikunn.jpeg

そこで、「ガリガリ君」を4P分析してみました。

画像

 といったところでしょうか。
 「少し憂鬱な世の中を、赤城乳業の「遊び心」で明るくしましょう。」という経営の考え方が共感され、多くのリピーターを獲得しているのかな、と思います。
 「ガリガリ君」を食べながら、心に余裕を持ち、日々明るく過ごしていきたいと思います。

◎ビジネス交流会

 2022年11月9日、群馬県で開催されたビジネス交流会に行って来ました。
 大学や高校、自治体も来ていて、産学官の交流でもありました。高校生の説明もしっかりしてた。
 いろいろな会社の方とお話ができて、とても勉強になりました。対面での交流は激減してしまいましたが、こうした新たな出会いの場は大切ですね。
 ここからオープンイノベーションや新たなビジネスが生まれることを期待します。これからもこうした機会には、どんどん参加したいと思います。

bijinesukouryuukai.jpg

◎埼玉県官民連携プラットフォーム第5回シンポジウム

 2022年11月4日 埼玉会館

sdgzrenkei.jpg

お問い合わせは
TEL 0495-78-0121